2018年1月10日水曜日

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。

1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあったのと、どうしても仕上げておきたい仕事に没頭して、フライトまで1時間前にまだ研究室にいた。今回はヤバいなぁと思って、ふとスマホを見ると、到着便遅延のために45分出発が遅れる旨の連絡が入っていて助かった。元の時間でも、十分間に合う時間であるが、精神的に安心して空港に向かった。

とはいえ、こういうギリギリのことをしていると、何かトラブルが発生したときのマージンが一切無いため、避けなければ。交通に限らず、一事が万事で、そういう仕事の仕方はやめなければと思っている。

で、帰りの1/10は、悪い予想どおり天罰が下った。

まず、朝。いつも泊まっている系列のホテルではあるが、会議の場所に近いところを考えて、新橋駅近くのホテルにした。ここは初めての利用で土地勘がない。前夜は45分遅延などで結局ホテルに着いたのは23時で、その日も朝は早かったので疲れており、翌朝起きたのが朝食をゆっくり食べても間に合う時間であったが、大きな余裕はなかった。

まず、最寄りの御成門駅からの三田線が遅延で遅れているらしい情報をキャッチ。地下鉄の新橋駅に変更。ただ、いつも利用する新橋駅といっても広いし、昨日は浜松町から歩いてホテルに着いたので、新橋駅までの移動がよくわからなかった。新橋駅は、広いことを改めて実感。そもそも地下鉄の入口は探しづらい。いつも使う乗り口と違うと、全く別の駅のようで、スマホを見ながら移動してもわかりづらい。このまま移動したら遅刻はしないけれどもギリギリで焦るなぁと思って、竹橋まで3kmなので結局タクシーかなぁと思っていると、目の前に、NV200の新型タクシーが来たのが時の運。つい乗ってしまった。ただし、結果として、数年前に開通したマッカーサ道路の新橋-虎ノ門間のトンネルを通れたのでヨシとしよう。トンネルをくぐるとすぐに霞ヶ関でびっくり。構造物見学として良かった。NV200の車、シートはすこぶる快適であった。


16時に東京竹橋で会議が終わる予定で、最終便の20時のフライトは帰るのが遅くなるので嫌だなと思い、久し振りに、1つ前の18時のフライトを予約していた。竹橋から羽田空港までは、1時間あれば余裕なので、たかをくくっていた。つい、会場にて、17時迄に送らなければならないメールを処理しているうちに、時間の感覚を忘れて没頭してしまい、タスクが終わったのが16:45。やばい。それから竹橋から移動であった。

15分前の17:45までに空港のゲートを通過しなければならないので、結構ギリギリのタイミング。路線検索すると、最短で乗った電車が17:38羽田着となり、(羽田空港が狭いのが選定理由で私はJAL派なのだが、)それでも駅からの移動を考えるとギリギリであった。荷物は預けられないかもしれない。と、色々と考え事をしていて、日本橋と大手町を間違えて降りてしまった。初めは間違えて降りたことに気づかずにあたふたしてしまい、結局タイムアウト。結果として、フライトは10分遅延になっていたので、すぐにリカバーできていればまだ間に合ったのだが、実は途中で高松空港は雪のため引き返す可能性があるという条件付き運航に変わっていたことを知っていたので、もう諦めて新幹線に切り替えようと考えていたので、フライトをキャンセルするためにJALに電話。条件付き運航になった場合にはキャンセル料は発生しないのを良いことに。

無料キャンセル対象のために、キャンセル料が自腹にならなかったのはよかったけれども、さすがに懲りた。また、東京の駅の移動は長い、慣れない駅で迷うことがある、というのは、関東を離れて少し感覚が麻痺していた。


人間懲りないとわからないというのは、寂しいもので、懲りる前に想像がつくはずなのだが、それができなかった。甘えがあったと思う。得をしているようで、見えない安全を削っていたのだ。どちらが得なのか明らかである。

久し振りに懲りた。致命的にならない程度の失敗で良かったとポジティブに考えよう。

別のことであるが、懲りる前に考えろ、想像しろ、と高専の教壇に立って言ったこともあるので、これは言った私が実行できていなかったので反省すべきである。

2017年12月20日水曜日

異音、振動、異臭

某輸送インフラ系の話ではない。

研究をしていて、それ以前に技術者として活動をしていて、はたまた(昔の話であるが、まだ話せない赤子の)子育てをしていて、不具合の察知をするのは、音、臭い、などの五感である。

橋梁の不具合において五感に現れるのは、路面の段差の発生(走行車両による異音)、橋自体の異音の発生、橋自体の振動の増加、等であろう。部材の腐食などが、最終的に人間の目や耳に触れる不具合になること自体、結構ひどい損傷になっている場合が多いが、少なくともその段階まで来れば検知できなければならない。

場所を自宅に移すが、購入したマンションは築15年を越えているが、リビングのドアの立て付けが悪くなっていた。蝶番から異音がしたり、たまにドアの開閉が硬くなるというものである。構造として微調整する機構はあるが、すぐに緩んでくる。2年以上延命したが、最近は調子が良いなと思っていた矢先、その部品が破断して、動かなくなった。妻から緊急メールが来た。何が緊急かというと、ドアが閉められないために寒いことが緊急であると。廊下に繋がる別の部屋のエアコンをつけ放しにして対応。

私自身としては準備は考えていた。もし壊れたら、同じ部品を使っている家中のドアの部品を外して取り替えればとりあえず大丈夫、ということは元からわかっていたので、妻からの緊急連絡メールにも、冷静に対応し、家に着いたら淡々と交換して事なきを得た。


ネットで検索すると、その部品単体では、3000円+税金(送料込み)で、売られていた。製造中止になっていても、きちんとメーカーが部品提供してくれるのは頼もしい。

右:壊れた丁番、左:届いた交換部品

もし、それをマンション管理会社に連絡して、関連の業者へ来てもらったら、値段もそれなりにするし、まずは、見積もりに来てもらうこと、工事に来てもらうことで、時間の調整と、お客さんが来るということで気遣いが必要になる。

ともに部品を外してみると、金属部分が破断して粉々になっていた。粉々になったのは、最終的な結果であり、異音がしたり、立て付けが悪くなっていた段階では、マイクロクラックが入って剛性が低下したり、それによりネジが緩み始めていたこと推定できる。

今考えれば、異音がしている段階で、余り使わない部屋の部品と交換しておけば、結果としてもっともっと延命できたかもしれないが・・・。

人の安全に関するものは、実験や家の生活の基幹となるものであれば、あれ?いつもと様子が違う、と気づいた時点で点検し、交換や修理の手配を考えなければならない。では、そこの段階で動けるか、というのが、優れた技術者とそうでない技術者の分かれ目と思う。前者でありたいとずっと思って生きているし、それが私のやり方である。

そういった細かいことも、出来事としては忘れてしまうことが多いので、ブログで蓄積していきたい。


Acrobatのソフトウェア購入維持の話

PDF作成や編集として、AdobeのAcrobatがあるが、以前に比べて高くなったイメージがある。PhotoshopやIllustratorなどは使っていないので、それらのセットは買っていないので単体で考えた場合の話である。

最近は、教育機関であっても、業務に使える(校費として買える)アカデミック版というのはなくなったようだし、スキャナを買ったらAcrobatがついてきたというのも過去の話。

Pro版とStandard版の違いまでは使いこなしていないので、どちらでも良いという条件で比較する。全て、ネットを参考に見た価格なので、正確な見積もりは異なるかもしれないことを断っておく。

Acrobat 年額版(毎年払い続ける) 20736円(利点:最新のバージョンが使える)

Acrobat 永年版(買切り) 24840円(欠点:2017年版を使い倒す。新しいバージョンが出ても乗換えられない。また、新バージョンの場合、アップグレード対象外)

Acrobat パッケージ版(買切り) 42550円(利点:新バージョンが出た場合、新バージョンのパッケージ版にはアップグレード版がある見込みで、本製品がアップグレード対象となる。もちろん有料だが、半額程度。)

Adobeは、製品リリース後5年間で、不具合修正のサポートが切れるので、現行の2017年6月に出た2017年版を使いたおそうとすると、残り4年半ある。

また、新バージョンは、2~2.5年に1回リリースされているようである。

そう考えると、中央の永年版買切りが、良いような気がする。最低残り2.5年はセキュリティ的に大丈夫だし、途中で新しいバージョンが出て、非常に良い物であれば、同じものを買えば、結果として現行のものをいれて2ライセンスに増える。1つは編集も重視、1つは変換のみに考えれば、研究室で複数あっても良い。

2017年12月19日火曜日

高専という職業 特に香川県の話。

ある思いがあって、過去のエントリーを再掲紹介します。

高専という職業
https://kazuh-hayashi.blogspot.jp/2017/06/blog-post_11.html

11/22シンポジウム終了

11/22のシンポジウムは無事終了しました。

次のステップは実践活動、と思いますので、止まることなく邁進したいと思います。

先週、香川県内のある地域の建設系組合の方に対して、コンクリートの品質確保の講演と、意見交換をしました。彼らに対する情報や技術のニーズは多数あることを再認識し
ました。着実に進めていきます。

来月も、別の地域の建設業の方の講習会。こうやって複数の所から動きがあり、とても楽しみです。

2018年度は、私が委員長となり、日本コンクリート工学会四国支部のコンクリートの品質確保の委員会を立ち上げることが先日の会議で承認されました。これをひとつの動きとして、各地で分散的に進んでいる動きをまとめていきたいと思っています。


2017年10月26日木曜日

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。

気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。


以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Constructonや生産性向上の両輪となる取組みと考えております。

発注者、材料供給者、施工者、コンサルタント、学をそれぞれ巻き込んだ実直な活動と捉えておりますので、是非、コンクリートに携わる各団体にも広く周知を戴き、参加を募って戴きますよう、お願い申し上げます。

人財育成、建設業の技術向上、四国で混和材を利用しやすくなる環境の整備、材料の品質向上などが見込まれ、関係者全員にプラスになることと信じております。

     記
名称:コンクリート構造物の品質・耐久性確保マネジメント研究小委員会 成果報告会
  ≪高松会場≫ および 四国における品質確保に関するシンポジウム
日時:2017年11月22日(水) 13時30分~17時30分
場所:高松国際ホテル (香川県高松市木太町2191-1)
内容:全国の品質確保の実践の報告 および 四国内での新設コンクリートの
 品質確保の展開に関する討議
参加費:有料
詳細は、リンクの土木学会 会告をご参照下さい。
      以上

ご不明な点がございましたら、林までお問い合わせ下さいませ。

新しい会告はこちら(土木学会HPよりも最新 または同じ)
https://sites.google.com/site/shikokuconcrete/files/229sympoTakamatsu.pdf

お申し込みは、関係するホームページは、こちら「四国におけるコンクリートの品質・耐久性確保」のページ




2017年10月24日火曜日

己の生産性向上

ブログの執筆の第600号目となる。6月生まれということもあり、6の数字は大好きだ。なお、ブログの書きかけの下書きも多数(1割程度)あるので、実際の掲載は若干少ないが。


長時間労働に対して、自分の中で第N弾の働き方改革をしている。第N-1弾は、完全に失敗したとはいわないが、それなりに効果は上がっているような、でもまだ薄いというか。階段を一歩一歩上がっている感じである。

今四国で取り組んでいる「コンクリートの品質確保」は、国交省が進めている「生産性向上」の別の角度から見たものでもあると言っておきながら、それを旗振りする自分自身の生産性が悪くてどうするのか、ということも悶々としてあった。

長時間労働というが、では、何を改めればそれが解消するのか。そもそもの仕事のリストラクチャリングをどうするかという根本的なことと、生産性を高めるテクニックにどうやって投資して使いこなすか、などなど、なかなか決め手がなかった。


そういう中、学外活動では、ここ数年間種を蒔いていた活動が、徐々に芽を出しつつある。ある活動が軌道に乗ってきた、あるプロジェクトが動き始めた、成果が認められてきた、等々。学内活動では、例えば、授業改善に取り組み、懸案だったある授業の評価アンケートが、前年度に比べて5段階評定でおよそ2アップした(前はどれだけ低かったんだ)という自信、など。

自信がつけば、これでいいんだ、という働き方の安心に繋がる。成果が出ないときには、何かに追い立てられるような気分も感じていた。

夏に買ったズボンが直後から履けなかった(これは、太ったというよりは財布やスマホをポケットに入れる習慣を考慮せずに、スリムなズボンを買ったことによる)ので、それを履きたい、という願望も。健康診断の結果が、絶望的では無いものの、ちょっと警戒しなければならない状態になったこと(病院で相談したら、心配するなと言われるレベルだったが)。

一番の決め手は、早く家に帰って家族と過ごす時間を増やすこと、日頃の生産性を高めて、平日終わらなかった尻ぬぐいのために土日を費やすことがないようにしたいこと。

気づいたら、世の中は生産性向上や、長時間労働の改善が急速に進み、(または叩かれないためのアピール?)夜○時以降に外からのメールがぱったり来なくなったこと。来るのは、海外にいる人からぐらい。ふと、それに気づいたときには、恥ずかしかった。


テクニックに走るのではなく、原理原則にしたがって、日々の動き方の改善を図ることにした。細かい詳細は言及しないが、すぐ取り組む、仕事をクラスタリング(分割)して、空き時間を有効に利用する、を実践しており、今までに比べて各段に早く帰宅できるようになったと思う(私が云々ではなく、読者でもある妻が判定する(笑))。


その結果、体調も良くなり、夜遅くに食事をすることが激減しただけで体重も2キロぐらい減って、例のズボンも履けるようになった。精神的な余裕ができると、止まっていた読書量も上がった。


まだ安心はできないが、向かっている方向におおよそ間違いはなさそうなので、中間試験、年末、年度末など、もっと忙しい時期が来ても対応が出来るように前倒しの対応なども併用しながら備えたい。

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...