2017年4月29日土曜日

人生初のコンクリート

私はコンクリート歴20年である。

2001年4月に大学助手になったので、研究者になってからは16年であるが、自分でコンクリートを練ってから20年目になる。

今手元にあるのが、私が初めて練ったコンクリートである。大学学部3年生の学生実験の時に練ったコンクリートの破壊断面が綺麗だったので、半分ノリもあって、戴いて持ち帰った。持って帰るヤツなんて、普通いない。その時はまだコンクリート研究室に入るなど、何も考えていなかった。

翌年、コンクリート研究室に配属になったが、その時も研究者になるなんて思わなかったが、結局これは捨てないまま、今に至っている。不思議なものだ。裏を見ると、1997年6月9日。もうすぐ20年である。

書いてある面もセメントペーストキャッピング。これまた懐かしい。

感慨深い。




0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...